仕事が辛い、疲れた…もうしにたい。経験者が語る働く意味の見つけ方とは

仕事が辛い、疲れた…もう死にたい

思うように結果を残せず、上司に叱られてモチベーションは下がるばかり。疲労感だけが溜まっていき、働く意味・生きる意味さえ分からなくなる。

私もかつて、あなたと同じような時期がありました

結果さえ出せば上司の態度も変わり、どんどん仕事が楽しくなって、生きることにも前向きになれると信じていましたが、そんなに甘くはありませんでした。

たとえ、結果を出しても求められる仕事はどんどん増えます。

任された仕事をこなせないと叱られ、やる気もなくなり、疲労感だけが溜まっていく。

そんなときは、「仕事が辛い」「疲れた、もう死にたい」と感じている根本的な原因を解決する必要があります

そして、あなたにとっての生きる意味・働く意味をみつけることが重要なんです。

この記事では、私の経験をもとに「仕事に疲れた…死にたい」と感じる原因と働く意味・生きる意味を考えるための方法をお伝えできればと思います!

kj

この記事を読むと幸せになれる人
仕事が辛い、疲れた…もう死にたいと思っている人
仕事 疲れた しにたい

仕事に疲れた…もう死にたい。生きていく意味ってなに?

まず初めに、あなたにとっての生きる意味と「疲れた、しにたい」と感じる原因についてお伝えしていきます。

突然ですが、あなたの生きる意味はなんですか?

ほとんどの人は、自分の生きる意味なんて考えずに生きていると思います。

実際にインタビューしてみると、「幸せになりたいから」や「なんとなく」といった曖昧な答えが返ってきます。

この記事を読み進める前に、あなた自身も「自分の生きる意味」を考えてみてください。

ちなみに、私の場合は「生きている意味は死ぬときにしか分からない」という結論に至りました。

生きてる意味は、人それぞれです

まずは、「生きる意味」や「あなた自身の幸せの定義」を見つけることが重要ですよ。

社会的QOLの質が悪くなると、仕事に疲れて死にたくなる

生きる意味には、あなたの生活の質(QOL)に関係しています

世界保健機関(WHO)の定義によると、QOLには次の4つの概念が関係しているといわれています。

  • 身体的QOL
  • 心理的QOL
  • 社会的QOL
  • 精神的QOL

仕事が辛い。疲れたからもう死にたい…と感じている人は、「社会的QOL」の質が悪くなっている状況です

死生学という分野の権威である藤井美和氏によると、社会的QOLは

その人のもつ社会関係の満足度や、その人のもつ社会的役割をどれだけ果たすことができるかという主観的評価であらわされる。

藤井美和著
「死生学とQOL」

つまり、会社の上司との関係性や、仕事で任されている役割が果たせていないと自分が感じると、社会的QOLの質が下がって死にたくなるということです。

社会的QOLの質が悪いせいで、心理的な疲れが蓄積し、身体的な疲れも取れなくなって精神的な活力が失われていきます。

その結果、「仕事につかれた…もう死にたい」という気持ちを抱くようになります。

あなたが今、「仕事に疲れた、もうしにたい」と感じている原因は、あなた自身の自分の仕事に対する評価が低いのが理由になっているのかも知れません。

やりたくない仕事をしていれば、自分の仕事に対する評価は下がります

あるいは、上司が自分の仕事を認めてくれないと感じている場合でも、「疲れた、しにたい」と感じることでしょう。

仕事に対する自己評価を高めるか、上司に仕事を認めさせるかが鍵になります。

「しにたい」と思うほど追いつめられている状況ではなかなかそこまでの活力も湧かないんですけどね。

死にたくなるほど、精神的な活力が失われているときでも、簡単にできる対処法を後ほどお伝えできればと思います。

死にたいと感じているときには、視野狭窄に陥っている

「仕事に疲れた。もう死にたい」と感じているときには、視野狭窄に陥っています。

自殺未遂で生還した方にインタビューした研究があるのですが、そこでは「死ぬこと以外考えられなかった」という記述があるんです。

でも、まだあなたは大丈夫。

仕事に疲れて死にたいと考えながらも、こうして解決策を探している。

「生きたい」という気持ちがなくなっていない証拠です!

「死にたくない」「生きたい」という純粋な思いが、あなたの「生きる意味」でも良いじゃないですか。

「今の状況をなんとかしたい」という気持ちがあるのであれば、あとはなにか行動を起こして、今の状況を変えれば良いだけです

あなたが今、やるべきことはとてもシンプル。

次にご紹介する解決策を実行するだけです!

「仕事に疲れた…もう死にたい」ときに実践する5つの解決方法

「仕事に疲れた…もう死にたい」と感じているときにぜひ試してほしい5つの解決方法をお伝えします。

どの解決策があなたにハマるのかは個人差がるので、ぜひ5つとも試してみてほしいです。

でももし、そういう気力すらないのであれば、「これ、やってみるかぁ」とやりやすいものを1つだけ、騙されたと思って試してみてください

きっと、あなたの今の状況が変わりますから。

疲れを取る

「仕事に疲れた。死にたい」という状況から抜け出すためには、まず疲れを取ることが重要です。

これは、身体的QOLの改善から「疲れた・死にたい」という気持ちを小さくする方法です。

私たちの身体には、知らず知らずのうちに疲れがたまっていきます。

スタンフォード大学のスポーツ医局アソシエイトディレクターであり、ビジネスパーソンの疲れの取り方の研究にも取り組んでおられる山田知生氏によると、

疲れの原因として明らかなものの1つに、「睡眠不足」があります。

睡眠の役割の1つは、脳と体の疲労回復ですから、「寝ていない」のは疲労が取れていない状態そのもの。

山田知生著
「スタンフォード式 疲れない体」

明日の仕事が気になって、眠れない夜を過ごしていませんか?

1度、あなた自身の睡眠の質を見直して、体に蓄積された疲労が取れると、「疲れた・死にたい」という気持ちが和らぐかもしれません。

良質な睡眠の取り方については、「仕事に行きたくないほど眠いとき|スタンフォード式の眠気対策法とは」という記事が参考になりますよ!

モチベーションが上がることをする

「仕事に疲れた。死にたい」という状況から抜け出すために、モチベーションを上げる

これは、心理的QOLの改善から「疲れた・死にたい」という気持ちを小さくする方法です。

やる気が出ないと、仕事に行きたくなくなるもの

でも、あなたのやる気が出ない理由は、あなた自身のせいではないこともあります。

やる気には、ドーパミンというホルモンが関わっています。

ドーパミンの分泌量が少なくなると、やる気がなくなり死にたくなるもの。

解決策はシンプルで、ドーパミンを増やせば良いんです。

やる気を出すドーパミンの増やし方については、「やる気はドーパミン次第で取り戻せる!やる気が湧くドーパミンの出し方とは」という記事を参考にしてみてください!

結果を出す

「仕事に疲れた・死にたい」と感じている原因そのものである社会的QOLを改善して解決する方法。

それはシンプルに、任された仕事で結果を出すことです。

結果さえ出せば、周りから認められて社会的なQOLが改善されるので、「死にたい」という気持ちも和らぐことでしょう。

しかし、人によっては結果を出したとしても、「死にたい」という気持ちが和らぐことはないのかもしれません

事実、私がそうでした。

もちろん、きちんと体の疲れも癒していましたし、モチベーションもありました。

でも、前職の職場環境や仕事に魅力を感じられなかったので、「疲れた・死にたい」という気持ちが和らぐことはありませんでした。

もしかすると、あなたが今「仕事に疲れた。死にたい」と感じている気持ちは、結果さえ出せば解決できるというものではないのかもしれませんね。

上司を変える

そういう場合の解決策は、2つしかありません。

  • 評価者である上司を変えるか
  • 職場環境を変えるか

上司を変えるというのは、部署移動か転職を考えるということです。

仕事が原因で死にたいと感じているほどですから、なかなか現実味がない解決方法かもしれませんが、仕事を変えるというのはかなり強力な解決策でもあります。

私自身、「仕事に疲れた。死にたい」と感じていたときに、上司が変わってだいぶ救われました。

もし今、死にたくなるほど辛いのであれば、上司を変えてもらえるように打診するのも1つの手ですよ。

職場を変える

上司じゃない!そもそも仕事が好きじゃないんだ!自分に向いてない仕事なんだ!

そういう人は、転職を考えましょう。

ビズリーチのようなハイクラス向けの転職サービスを使えば、あなたのピッタリの仕事がきっと見つかりますよ

ハイクラス向けとっても、今なら年収300万円でも登録できますし、幸せに暮らせる将来が手に入ります。

ビズリーチの登録方法については、「ビズリーチを使いたい!けど年収いくらなら登録できる?登録条件を中の人が教えます!」でバッチリご紹介しているので、参考にしてみてください。

改めて|生きる意味・働く意味とは

この記事では、「仕事に疲れた。死にたい」と感じている原因や解決策をお伝えしてきました。

仕事が理由で死にたいと感じている原因は、社会的QOLが低いことにあります

社会的QOLが回復する5つの解決策さえ実践できれば、「死にたい」という気持ちは和らぎます。

あなたにピッタリの仕事が見つかって、今後は前向きに生きていけるといいですね!